スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RG 1/144 エールストライクガンダム

長いこと更新してませんでした。惰性ですすいません。

P1110906.jpg
ストライク、キラ・ヤマト、行きます!
ということで今回はRGよりエールストライクガンダムを紹介。
P1110887.jpg

まずは素トライクで素立ち。
プロポーションは今までのいいとこ取り、って感じ。
上手くRGに落とし込めています。
P1110888.jpg

顔。OPアップ画準拠のHGやMGに近い印象。個人的には1/100の顔が一番良いんですけどね。
P1110889.jpg
P1110890.jpg
P1110891.jpg
P1110892.jpg

各部分も鬼のような分割で、白だけでも成型色が微妙に違ったり、1stガンダムやシャアザクに続き、バンダイの本気を感じます。
もしかして、RGが成功すればMGに代わるフラッグシップとして展開するのかな?今回のフレームも、他のGATシリーズへ流用出来るように設計されているみたいですし。
P1110893.jpg
P1110894.jpg
可動も抜群。可動と共に装甲が浮き出るギミックは今回も搭載。
P1110895.jpg

P1110896.jpg

アーマーシュナイダー。
腰に収納可能です。
P1110897.jpg
P1110900.jpg

ビームライフル。両手持ちも余裕。

P1110901.jpg
シールド。こうして見るとダガー系にストライクの特徴って結構受け継がれてますね。性能はデュエル寄りですが。
P1110902.jpg

エールストライカー。翼部分が非常に薄くていいです。
P1110903.jpg
P1110905.jpg

装着。やっぱエールがシルエット的には一番ですね。
P1110910.jpg
P1110914.jpg

ビームサーベル。刀身はクリアパーツ。1stガンダムと同じく長めにアレンジされています。

まとめ
10年越しの真打ち、まさに最高のストライクです。(ただ今度ロボ魂で出るみたいですけど)
ランチャー、ソードパックも出して欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

RG RX78-2ガンダム

P1090185.jpg

え~ULTRA-ACTを期待してた人、すみません。先にこっちの新シリーズを紹介します。
ということで買ってきました、ガンプラ30周年記念キット「RG RX78-2ガンダム」!!
それでは早速この変態キットを紹介していきます。
P1090181.jpg

まずパッケージ。今までのHG,MG等のボックスアートとは一味違う感じになっています。
箱だけ飾っても様になりそう。
P1090182.jpg

中はこんな感じ。
ランナー、解説書に加え、今までのガンプラの歩みを総括したような冊子も付いてきます。
まず目につくのが、このランナー数。
ドラコは箱を開いてぞっとしましたwww
P1090183.jpg

そして、このキットの特徴は、「アドヴァンスドMSジョイント」、「リアルスティックデカール」です。
まずアドヴァンスドMSジョイントですが、このRGはMGと同じく、内部フレームを作って外装をくっ付けていくというものですが、MGが1つの部位パーツに何個ものパーツを使い組むのに対し、RGは謎の変態技術、「多重インサート構造」によって見事に一つのパーツにまとめています。
どういう事かというと、つまり一回の成型作業の時に、ABS、プラ、ポリ等のパーツを一緒にできる事かと。
その数僅か12。
変態だろ。
そしてリアルスティックデカールですが、こちらは貼り方等は通常のマーキングシールとほとんど変わりませんが、貼るだけで本物の質感を出すことができる優れもの。
画像は本当にたった一個のパーツです。
P1090184.jpg

そして素組しました。
組むのに3時間かかった・・・
これを組む前に旧キットのメリクリウスを組んでいたので余計長く感じました・・・
まずプロポーションですが、アニメ準拠ではなく、お台場ガンダム、もとい静岡ガンダムのプロポーション準拠になっています。
P1090186.jpg

バストアップ。ダクト部分がピカピカしていますが、これがリアルスティックデカールです。
P1090188.jpg

顔。バルカン部分まで色分けされています。
対象年齢が高い為か、HGのような角先が丸い所謂「バンダイエッジ」がほとんど見られません。
P1090189.jpg

後ろ姿。白も一色ではなく、部位によって濃さが違うパーツを使用しています。バンダイ頑張りすぎです。
P1090190.jpg
P1090191.jpg

可動について。
まず足首ですが、ここだけで三か所可動します。
そのため接地性は抜群です。
P1090193.jpg
P1090197.jpg

足。
関節を曲げると装甲がスライドします。
もちろん二重関節。
P1090198.jpg
P1090199.jpg

そのため正座なんかも可能です。
腕も二重関節でサーベルラックに簡単に手をかけることができます。
P1090200.jpg

サーベル。なかなかのオーバースケールっぷりですが、俺的にはこれくらいがいいです。
刀身はもちろんクリア成型。
P1090201.jpg

ラル戦っぽく
P1090202.jpg

ビームライフル。
お台場もとい静岡の新解釈(?)で、ライフルの一部は白になっています。
P1090207.jpg

もちろん両手持ちも可能。やっぱガンダムっていったらコレですよね。
P1090212.jpg

シールド。表側は目立った点は特になし。
P1090209.jpg

ですがこの裏側が凄いんです。サーベルも収納して、なんとライフルも収納できるというスグレモノ。
P1090213.jpg

もちろんいつも通り背中にマウント可能。
P1090214.jpg
P1090215.jpg
P1090216.jpg

ハイパーバズーカ。肘が二重関節になっているため、いつものHG等より比較的持ちやすいです。
砲身はグリップ以外白の成型色。
バズーカラックには砲弾が入っています。
取り外しは不可。
P1090217.jpg

コアファイター。
素組みでこの色分け。
HGUCが二色だけだったのに対し、完全に勝利。
しかし、合体ギミックも視野に入れているため、若干実際のスケールと違うのが難点。
P1090219.jpg

では、注目の合体へ行ってみましょう。まずは車輪をとっておきます。
P1090218.jpg

P1090220.jpg
キャノピーを引っ込めます。
そのままウイングを閉じ機首を曲げてこの状態に。
P1090221.jpg

ガンダム側では可動優先のダミーのコアブロックシステムを外しておきます。
P1090222.jpg

そして・・・
P1090223.jpg

ギャッタイ!!
まさかここめでやってくるとは、磐梯恐ろしい子。
P1090224.jpg

この後一部スミイレ処理&リアルスティックデカールを貼ってみました。
こんな感じになります。まさに1/1という感じがします。
P1090225.jpg

ガンダム大地に立つ!!こんな感じで撮ると一瞬スケールを忘れてしまうw

まとめ
可動、プロポーション共に大変出来の良い物で、さすがガンプラ30周年に磐梯が推すキットだなぁと。
もうね、これを見てると、磐梯が変態だってわかっちゃう訳。(富野口調で)
アドヴァンスドMSジョイントとか本当にどうなってるんだ?
しかし、パーツ数を多くした分一部ポロリもしてしまうので、スライドと関係ない部分(特に肩)は接着剤で止めた方がいいです。
二弾のシャアザクにも期待です。
アクセス数
プロフィール

dorakoss

Author:dorakoss
管理人ドラコが運営する、主に玩具を紹介したり、たまに雑記など書いたりするブログ。
次の目標は萌えフィギュアを(ry
主食は主に特撮やロボットアニメ。燃えも萌えもどんとこいや

ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

キノコ・イン・ワンダーランド

ブンドドエクストリームの玩具日記

玩具ノ写真館青空

今日も夢を見続けるブログ ver.2

HIKO's memo

通りすがりのコレクターだ、覚えておけ!

Subaru Crazy Days
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://blazblue.jp/bb_ex/index.html
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。